list

セルフケアで改善できる!ドライマウスの効果的な対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライマウスとは口渇とも呼ばれ、口の中がからからに乾いた状態を言います。普段過ごしていても、何も特別なことはしていないのに話している途中から口が乾いて唇が頬にくっついてしまう現象が起きます。

このドライマウスはセルフケアでも治すことが出来ると言われています。

セルフケアで改善できる!ドライマウスの効果的な対策

食事のときに咀嚼をしっかりすること

毎食、しっかり咀嚼を繰り返すことがまずは第一条件となります。柔らかいものばかりを食べずに、固い食材を多く噛んで食べるようにしましょう。

その他、空き時間はキシリトールガムなどを噛んでおくと良いです。

アルコールやタバコはほどほどに

アルコールやタバコは一見関係ないように見えますが、ドライマウスの原因になります。

特に夜寝る前のお酒は口の中の乾燥を呼び起こしますから、眠っている間細菌が増殖する可能性が高いのです。また喫煙も吸う、吐くを繰り返すので口の乾燥にかかわっていますし、健康的にもよくないでしょう。

唾液分泌腺をトリートメントする

唾液分泌するツボが耳にありますから、そのツボを刺激することも良いアイデアですし、室内の環境を整え、エアコンばかりではなく日常の空気を摂りいれるよう換気をしましょう。生活習慣を正しくする必要もありますから、食事もしっかり摂るようにしましょう。無理なダイエットなどはドライマウスの可能性を引き起こしますからやめる必要があります。

ツボは耳下や舌の下にありますから、まず試しにツボ押しをしてみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick